ニュース

お酒が消毒液の代わりに!消毒液不足解消として白羽の矢がたったお酒とは!?

高濃度アルコールの代替利用可能に!

消毒液不足。マスク同様に未だに供給されない商品の一つです。

その供給不足は医療機関にまで到達し、深刻な事態になっております。

そこで、厚生労働省は医療機関に向け高濃度アルコール(70%から83%)を消毒液の代わりとして利用することを一時的に許可致しました。

映画で見た世界・・・怪我した際に塗っている酒のようだ

そう、それはまさに映画でよく見る、負傷した主人公が傷口に酒を塗り込むかのようなシーンが脳裏に浮かびます。

その映画のイメージは間違いではない??

そしてその映画のイメージはあながち間違ってはいません。

高濃度アルコールのお酒として対象となるものの多くがスピリッツ(蒸留酒)を指すためです。

具体的には・・・

・ウォッカ
・テキーラ
・ジン
・ラム

など・・・。うん。イメージ通りですね。

Twitter上の反応は・・・

Twitterでも「消毒液の代わり」がトレンド入りするなど、注目を集めています。